尿の貯蔵と排泄: 身体を通る尿の通り道

© 2019 Visible Body

膀胱

膀胱壁の平滑筋が伸長すると、排尿反射(排尿)が誘発されます。

iTunesGoogle Play

頚部、排尿筋、三錐および尿道を示している膀胱の横断面

腎臓で生産される尿は、尿管を下行して膀胱に移動します。 膀胱は、より多くの尿を保持するために、弾性のある袋のように拡大します。 それが容量に達すると、排尿のプロセスが始まります。 不随意筋運動によって、信号が神経系に送信され、意識的な制御下で排尿するという決定がなされます。

1. 2つの尿道括約筋は、排尿調節を維持します

膀胱の外尿道括約筋と内尿道括約筋

膀胱の内尿道括約筋と外尿道括約筋 内尿道括約筋と外尿道括約筋は、尿の流れを調節する筋肉の役目を果たします。 内括約筋は不随意的です。 それは膀胱の開口を囲み、弛緩することによって尿が通過することができるようになります。 外括約筋は随意です。 それは膀胱の外側で尿道を囲み、排尿のために弛緩しなければなりません。

2. 膀胱が尿で充満すると拡大する

膀胱の解剖学的構造を示す正面断面図

空の時には、膀胱は錐体のような形をしています。 膀胱は、尿で充満すると卵形になり、拡大します。 排尿筋と呼ばれる平滑筋は膀胱および内部壁に沿って並ぶと呼ばれるヒダを囲んでいます。 こうした構造のため、膀胱には弾力性があり、拡大することができます。 膀胱底は、2つの尿管口と内尿道括約筋によって形成される三角部と呼ばれる漏斗状の領域を含みます。 尿は、尿管口を通って膀胱に流れ、内括約筋を通って外に流れます。

3. 排尿の筋肉 排尿筋と尿道括約筋

排尿過程を促進する尿道括約筋と排尿筋がある尿を貯蔵している膀胱(排尿の過程にある膀胱)

排尿とは、膀胱を空にすることです。 膀胱が尿で満たされると、膀胱壁の伸張受容器が排尿反射を誘発します。 膀胱を囲む排尿筋が、収縮します。 内尿道括約筋が弛緩すると、尿が膀胱を出て尿道に移動することが可能となります。 こうした反応のいずれも不随意的です。 外尿道括約筋は随意的です。 尿が尿道を通り体外に出るためには、それが弛緩しなければなりません。

4. 排尿前に、どのようにして膀胱が満たされるのか?

充満した膀胱および尿意を担う筋肉。

尿が尿管から流入すると、膀胱は拡大しますが、収納できる量には制限があります。 約200mlの尿で、排尿筋は収縮し始め、内尿道括約筋が弛緩し始めます。 これが神経系を介して信号を送り、尿意を催すことになります。 この尿意を無視すると、排尿の随意調節が損なわれることがあります。 約500mlで、排尿筋が収縮し、内尿道括約筋を強制的に開け始めます。 外尿道括約筋が十分に強くない場合には、排尿が不随意的に起こります。

5. 膀胱が伸展すると、排尿の開始と調節を刺激する神経系が惹起される

充満した膀胱に対する神経反応の動画

平滑筋が伸展すると、膀胱壁にある伸展受容器によって活性化される排尿反射が開始されます。 この自律神経反射によって排尿筋が収縮し、内尿道括約筋が弛緩し、尿が尿道に流入することが可能になります。 伸展受容器も視床と大脳皮質に信号を送り、外尿道括約筋を随意的に調整します。 頭脳が発達するに従い、通常は2歳と3歳の間で、この排尿調節ができるようになります。

外部リソース

泌尿器の膀胱についての説明、グレイの人体解剖学(1918年版)から。

患者膀胱超音波を使って患者の尿貯留を検出するNursing Timeから。