長骨と短骨: 5つの骨のタイプ

© 2019 Visible Body

頭蓋

頭蓋が 22 の骨で構成されていることを確認するには、 3D モデルを回転させます。

iTunesGoogle Play

5つの骨の型の概説(長、短、扁平、不規則および種子)

ヒトの骨格は、保護や体重を支えるなどの多数の機能を持っています。 骨の異なるタイプは、その特定の機能に関連して、形が異なります。

異なる骨のタイプとは何か? どのように分類されるのか?

骨格には5つの骨のタイプがあります: 扁平、長、短、不規則および種子。

それぞれのタイプを調べて、例を見ます。

1. 扁平骨は、内臓器官を保護します

扁平骨の4つの種類の例

頭蓋骨(後頭骨、頭頂骨、前頭骨、鼻骨、涙骨および鋤骨)、胸郭(胸骨および肋骨)および骨盤(腸骨、坐骨および恥骨)には扁平骨があります。 扁平骨の機能は、脳、心臓、および骨盤内器官といった内臓器官を保護することです。 扁平骨は、やや扁平で、盾のように保護の役目を果たします; 扁平骨はまた、筋肉に脂肪が付着する広い部分を提供します。

2. 長骨は、体重を支え、動きを促進します

身体には、9個の長骨の例があります

長骨(幅より縦方向が長い)は、大腿骨 (身体の中で最長の骨)に加えて、比較的小さな手の骨も含みます。 長骨は、身体の体重を支え、動作を容易にする機能を果たします。 長骨のほとんどは、付属肢骨格に位置し、下肢 (脛骨、腓骨、大腿骨、中足骨および趾骨)の骨および上肢(上腕骨、橈骨、尺骨、中手骨および趾骨)の骨を含みます。

3. 短骨は、立方体状です

短骨の例

短骨は、縦横の長さがほぼ同じです。 手首におよび足関節に位置し、短骨は、安定性に寄与し、ある動作を担います。 手首の手根骨(舟状骨、月状骨、三角骨、有鈎骨、豆状骨、有頭骨、小菱形骨および大菱形骨)および足首の足根骨 (踵骨、距骨、舟状骨、立方骨、外側楔状骨、中間楔状骨および内側楔状骨)が短骨の例です。

4. 不規則形骨は複雑な形をしています

椎骨と骨盤は、人体における不規則形骨の例です

不規則形骨 の形や構造はさまざまで、そのためほかのどの分類(扁平、短、長または種子)にも属しません。 こうした骨は、かなり複雑な形をしていることが多く、内臓器官を保護するのに役立っています。 例えば、脊柱の不規則形骨である椎骨が、脊髄を保護しています。 骨盤の不規則形骨(恥骨、腸骨および坐骨)は、骨盤腔にある臓器を保護しています。

5. 種子骨は、腱を強化します

身体の種子骨、膝蓋骨

種子骨は、腱の中に埋め込まれている骨です。 このような小さく丸い骨は、一般に手、膝および脚の腱の中にあります。 ストレスおよび疲労から腱を保護するための種子骨の機能。 種子骨の例として、一般に膝頭と言われる膝蓋骨が挙げられます。

外部リソース

グレイの『体の解剖学』(1918版)からの骨の種類についての説明

ヒューマン・アナトミー・アトラスは、人体がどのように見えて機能するかの理解と伝達を助けるために、何千ものモデルを提供しています。

股関節および足首のX線写真。 ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校・医学部。 身体オンライン。