蠕動は推進力を生み出す: 食べ物はどのように消化管を移動するのか

© 2019 Visible Body

食道

食道は消化管の最も狭い部位です。

iTunesGoogle Play

消化器系の概要

消化管は単一の連続した管で、口腔、咽頭、食道、胃、小腸および大腸を含みます。  食物が噛み砕かれた後、食塊が作られて飲み込まれます。喉頭蓋の作用は食塊が食道へ移動する経路を作ることです。 そこから、蠕動波によって摂取された食材が消化管を通って推し進められます。

1. 喉頭蓋は、飲み込んだ食材を食道へと導きます

クリックして喉頭蓋の動画を再生する

呼吸および消化器系は、口腔の裏側で、気管(呼吸器系)と食道(消化器系)の両方が接続している構造を共有しています。 どのように飲み込まれた食べ物が 間違った管に行かないようにしているのか?? それぞれの飲み込み時に、喉頭蓋と呼ばれる構造物が呼吸の構造を閉じます。 飲み込まれた食塊は、その経路に留まり、直接食道に導かれます。 一回の蠕動波は、食塊を食道へ移動させ胃に送り込むのに十分です。

2. 蠕動とは、食材を移動させ分解するのを補助する筋組織の収縮のことです。

蠕動運動の動画描写を開くにはクリックしてください

消化管壁には、自律神経系で制御された平滑筋の層があります。 こうした筋肉が収縮と弛緩を順番に繰り返すことを蠕動と呼びます。 蠕動波は、飲み込まれた食塊を食道へ押しやります。 胃では、蠕動によって飲み込まれた食物が撹拌され、胃液と混じり合います。 こうした機械的および化学的作用は、食物をさらに分解して糜粥(びじゅく)と呼ばれる物質にします。 噛み砕いて、一片の食物を食塊にするのに約1分かかり、飲み込むのには数秒かかります。 一旦、胃に入った食材が糜粥(びじゅく)になるには、数時間かかります。

3. 蠕動波によって、栄養素および廃棄物は腸を通って移動します

さまざまな消化プロセスにかかる時間

私たちが食べる食物からの栄養吸収のほとんどが小腸で行われます。 糜粥(びじゅく)が胃を通って小腸に入ると、蠕動波はそれを前後に動かし消化酵素と液体で混ぜます。 糜粥(びじゅく)からの栄養素は、腸壁を通って血流に吸収されます。小腸の蠕動波はより小さく規則的で、糜粥を3〜6時間かけて推し進めて、最終的な吸収が行われる大腸に移動させます。 蠕動波は、廃棄物を圧縮して移動させるのを補助し、消化しにくい食材が排泄のために大腸を通過するのを補助します。

外部リソース

微生物とヒトScience Creative Quarterlyから.

人体からの食道の画像ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校・医学部提供。 ザ・ボディ・オンライン。