筋組織の3つの種類: 骨格筋、心筋および平滑筋の機能

© 2019 Visible Body

二頭筋

上腕二頭筋が肘関節を曲げる方法を見るには、3D モデルを回転させます。

iTunesGoogle Play

人体の心筋、骨格筋および平滑筋

身体の体重のおよそ半分が筋肉です。 筋組織は、明らかに異なる3つの種類に分類されます。: 心筋、骨格筋および平滑筋。 人体の筋組織タイプのそれぞれは、特有の構造および 特定の役割を持っています。 骨格筋は、骨および他の構造を動かします。 心筋は心臓を収縮して、血液を送り出します。 平滑筋組織は、胃や膀胱のように生体機能を促進するために形を変える臓器を形成します。 人体の筋組織の種類それぞれの構造および機能についての詳細を説明します。

1. 人体には、骨およびその他の構造を動かす600を超える骨格筋があります。

骨格筋組織の拡大図

骨格筋は、骨に付着し、神経系からの随意メッセージに応答して収縮したり弛緩したりすることによって骨を動かします。 骨格筋組織は、筋線維と呼ばれる縞状の長い細胞から構成されています。 筋線維は、血管によって栄養を供給されている束として組織され、運動ニューロンによって神経支配されます。

2. ヒトの多くの臓器の壁は、反射的に収縮し弛緩します

全身の平滑筋組織

平滑筋は、中空臓器として全身に存在します。 平滑筋収縮は、自律神経系から平滑筋組織へと移動するインパルスによって刺激を受ける不随意運動です。 平滑筋組織内で細胞編成が行われるため、弾力性の高い収縮と弛緩が可能になります。 膀胱や子宮のような臓器の壁にある平滑筋は、こうした臓器を必要な時に拡張させたり弛緩させたりすることができます。 消化管の平滑筋は、飲み込まれた食物や栄養素を移動する蠕動波を促進します。 眼の平滑筋は、レンズの形を変えて対象物に焦点を合わせます。 動脈壁には、全身に血液を移動するために弛緩および収縮する平滑筋があります。

3. 心臓伝導系からの信号に応答する心筋収縮

人体の心筋組織のクローズアップ

心臓壁は、3つの層から構成されています。 中間層である心筋は、心臓のポンプ作用を担います。 心筋は、心筋層のみに存在し、心臓伝導系からの信号に応答して収縮し、心拍を生じます。 心筋は、心筋細胞と呼ばれる細胞から作られています。 骨格筋細胞のように、心筋細胞は縞状ですが、その形は卵形の構造物でより短くより厚くできています。 心筋細胞は分岐することでいくつかの他の心筋細胞を結合することができ、協調的な収縮を促進するネットワークを構築します。

外部リソース

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。

筋組織の組織切片のカラー画像。 ニューアーク: デラウェア大学、生物学。http://www.udel.edu/biology/Wags/histopage/colorpage/cmu/cmu.htm

筋肉はどのようにして成長するのか? Len Kravitz, Ph.D、アルバカーキ: ニューメキシコ大学、運動科学部。http://www.unm.edu/~lkravitz/Article%20folder/musclesgrowLK.html