泌尿器系の病理: 一般的な疾患と障害

腎臓の疾患と障害の概略イメージ

腎臓または膀胱の疾患があっても、泌尿器系の機能を保つことができます。 下記は、泌尿器系の一般的疾患の一部です

1. 腎結石は尿中の物質から形成される

クリックして、尿路で腎結石が形成される動画を再生する

腎臓は、老廃物を排泄するために尿を生産します。 尿中のミネラルと酸性塩が結晶してくっつき合うと、腎結石が生じる場合があります。 結石が小さい場合、それは泌尿器系中を容易に通過し、体外に出ることができます。 しかし、より大きな結石は、尿路で動けなくなることがあります。 動けない腎結石のため痛みが生じ、尿の流れを妨げる場合があります。

© 2021 Visible Body

腎結石

>尿が濃縮されると、腎臓内に腎臓結石が形成されます。これにより、残屑が結晶化し、硬い沈着物を形成します。

Download on the App Store Get it on Google Play New call-to-action

2. 尿失禁は、膀胱の調節ができなくなることである

弱って膀胱調節障害の原因となっている括約筋の動画

膀胱調節に問題が生じる原因の大部分は、尿道の括約筋が弱すぎるか活発すぎることです。 括約筋が弱すぎると、咳またはくしゃみによって排尿が起こることがあります。 括約筋が活発すぎる場合、膀胱にほとんど尿がなくても突然、強い尿意をもたらすことがあります。 こうした問題は、尿失禁(UI)と診断されます。 UIに罹患する女性は男性の2倍です。 それは、年齢と共により頻繁にみられるようになります。

3. 液体が充満した嚢胞が、腎臓で発達することがある

腎臓の嚢胞形成の動画

単純な腎嚢胞は、丸い袋または閉じたくぼみで、通常は、液体で満たされています。 多発性嚢胞腎(PKD)では、嚢胞の一群が腎臓内部に作られ、正常組織にとって代わります。 影響を受けた腎臓は肥大し、機能が低下します。 PKDは、多くの場合透析または腎移植が必要となる腎不全になる遺伝性疾患です。 後天性嚢胞腎(ACKD)は、慢性腎疾患のためにすでに透析をしている患者が罹ります。 ACKDでは、腎臓が腫脹することもありませんし、他のいかなる症状も起こりません。

4. 慢性腎疾患から腎不全になる場合があります

健康な腎臓と疾患のある腎臓との比較

慢性腎疾患(CKD)では、腎臓が損傷を受けており、適切に血液をろ過することができません。 この損傷によって、体内に老廃物が蓄積し、腎不全などの他の問題の原因となることがあります。 CKDで最も頻度が高い原因には、糖尿病、心疾患と高血圧が挙げられます。 疾患のある腎臓はより小さくみえ、表面が顆粒状になっていることがあります。

外部リソース

サイエンス・デイリーによると、食事がUTIと関連がある可能性があります。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。