卵子から胚芽、胎児へ: 生殖と発達過程

© 2019 Visible Body

膣は女性の子宮からの血液の流出を体外に運び、性交中に男性の陰茎を受け入れ、分娩中に産道として機能します。

iTunesGoogle Play

クリックして、受精から出産までの胎芽成長の動画を再生する

生殖過程において、男性の精子と女性の卵子は、次の世代のヒトに引き継がれる情報を提供します。 卵子が受精するとこうした細胞が結合して受胎が起こります。 子宮で受精卵が着床すると、妊娠が開始します。 胚芽は成長して、支持と栄養を提供する構造に囲まれるようになります。 胚芽が胎児に発達するにつれて、眼、四肢と器官が出現します。 分娩と出産によって妊娠が終了するまで、胎児は子宮の中で成長します。 それまでに、次の出産が可能な生殖器系を含むすべての身体系が整います。

1. 受精: 精子と卵子は、受精卵を形成します

受精のクリップ

性行為の間、男性陰茎から射出される精子の一部は、女性の膣と子宮を通って輸卵管に浮いている卵母細胞(卵細胞)に向かって移動します。 精子と卵子は、配偶子です。 それぞれが、生殖のために必要な遺伝情報の半分を含んでいます。 精子が卵子に侵入して受精すると、その遺伝情報が合体します。 精子からの23の染色体と卵子からの23の染色体が対になり、受精卵と呼ばれる46染色体細胞を形成します。 受精卵が分裂して増殖し始めます。 受精卵が子宮の方へ進むと、 分裂して胚盤胞になり、子宮壁に潜り込みます。

2. 受精卵は、胚芽になる: 卵着床前と着床中の発達

子宮内の胚芽の構造物

受精卵が輸卵管から子宮に達するのに約5日かかります。 受精卵が移動すると、受精卵は分裂して、 内細胞塊と外側に保護リングを持つ胚盤胞に発達します。 胚盤胞は子宮の壁に付着して、徐々にそれ自体が子宮内膜に埋め込まれます。 着床の間、その細胞はさらに分化します。 受胎後15日目に、後に胚芽を形成する細胞が胚盤になります。 他の細胞は、支持構造を形成し始めます。 卵黄嚢は、椎間板の片側で、消化管の一部になります。 それが発現するにつれてもう一方の側で、羊膜が液体で満たされ胚芽を囲みます。 他の細胞群は胎盤と臍帯を惹起し、それが栄養分を取り込み、老廃物を除去します

3. 8週で、胚芽が発達し、 10週目末までに、それが胎児になる

クリックして、胚芽の成長の動画を再生する

受胎後15日目は、胎芽期の初めとなります。 胚芽は、3層に分化する平坦な胚盤、その層には 内胚葉、中胚葉と外胚葉が含まれます。 人体のすべての器官は、こうした3つの組織に由来しています。 湾曲して、折り重なり、楕円形の体を形成し始めます。 4週目までに、胚芽には特徴的な頭部と尾部、および拍動する心臓が認められようになります。 次の6週間で、四肢、眼、脳領域および椎骨が形成されます。 すべての身体系の原始的な形が現れます。 10週目末までには、胚芽は胎児となります。 (注意: 妊娠は、胎児の年齢を妊娠期間として数えるか、女性の最終月経日を胎児の第一日目として数えるか、または実際に発育している胎児の胎齢で決定します。 ここでは、胎児の在胎期間を参考にしています。)

4. 3段階の過程からなる分娩で、胎児の発達が終了する

出産の過程および分娩時の器官

妊娠の10週目から、臍帯によって供給される栄養豊富な血液に支えられ子宮の内部で胎児が成長します。 胎盤は酸素と栄養分を胎児に提供し、胎児血液から老廃物を除去します。 骨、筋肉、皮膚、および結合組織が形成されます。 身体系が発達します。 四肢と顔の特徴が、形をなしてきます。 36週目(通常)ごろ、分娩過程が始まります。 第一期(拡張期)には、ホルモン類が子宮壁の下方への収縮を促進します。 収縮によって、子宮の下端で、胎児の頭部が子宮頚部に対して押しつけられます。 子宮頚部が拡大します。 第二期(娩出期)には、強力な収縮によって、頭部と身体の残りの部分が拡張した子宮頚部を通って、膣と陰門を通り外に押し出されます。 乳児が生まれます。 さらに収縮し、胎盤を排出し胎盤期が終了します。

5. ヒトは、生殖が可能となるめには男性または女性の性腺と性器を形成しなければならない

胎児の生殖器の分化

生殖器の構造は、胚芽期に形成し始めます。 6週目までに、性腺と性器が存在しますが未分化です。 男性または女性になるかどうかは、精子によって運ばれる染色体のひとつによって決定されます。 この一対は、女性卵からX性染色体および男性の精子からX性染色体またはY性染色体のいずれかを含みます。 染色体対がXYである場合、性腺は精巣に発達し、これは7週で始まります。 染色体対がXXである場合、性腺は卵巣になり、これは8週で始まります。 精巣はテストステロンを分泌し、10週ごろ男性生殖器を形成します。 テストステロンが存在しないと、女性の性器が形成されます。 すべての生殖器の構造は、出産時または出産後まもなく整います。 思春期で、性ホルモンが増加すると成人の大きさに成長し、生殖能力を持つようになります。

外部リソース

異なる成長段階での胚芽の説明、グレイの人体解剖学1918年版から。

妊娠をよりよく理解するために、胎盤の合成モデルの作製を含む研究に関するサイエンス・デイリーの記事。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。