精子を生産し輸送する: 男性生殖器系

Touch

© 2019 Visible Body

睾丸

男性の主要生殖器官である精巣は、精子細胞を発生させ、テストステロンホルモンを産生します。

iTunesGoogle Play

男性生殖器系の構造

精巣は一次生殖器で、精子形成と呼ばれる過程を通じて精子細胞を生成します。 男性生殖器系の腺は、精子と精漿を生成します。 前立腺、精嚢および尿道球腺は精液を、精子を運んで保護する精漿にします。 性行為の間、女性の生殖器系に直接精液を運ぶために、精液は一連の管の中を移動します。

1. 精巣は、毎日、数百万もの精子を生成する

クリックして、精子形成の動画を再生する

精巣(または睾丸)は、男性の性腺で、陰嚢と呼ばれる袋の中にあり陰茎の下に位置します。 それらは、長さが4~5cm、直径が2.5cmで、白膜と鞘膜の2枚の膜性板で覆われています。 精巣は、男性の性細胞である精子ならびにテストステロンと他の性ホルモンも産生します。 精子の産生は一定で、それぞれの精巣にある多数の小葉の中で起こります。 最初に、精細管と呼ばれる構造が幹細胞を生成します。 こうした細胞(精原細胞)は、精母細胞に分裂し、精子細胞になるためにさらに分裂します。 その過程は、精子形成と呼ばれます。 精子細胞は精巣から精巣上体へ移動し、成熟して精子となります。

2. 生殖管は、精子と精液を内性器を通して押し出す

精液は、精巣から尿道へと移動します

精巣上体、輸精管、射精管と尿道には4つの部分からなる輸送系があります。 精巣上体は、直接それぞれの精巣の上に位置しています。 精子は、精巣上体のコイル状の管中を移動するにつれて成熟します。 性行為と射精の間、それらは輸精管に排出されます。 輸精管は、精子を膀胱の上に押上げ、下方向の前立腺に運びます。 そこで、輸精管は、精嚢(副生殖腺)の末端部と結合し、射精管を形成します。 射精管は精嚢から精漿を受け取って、前立腺を通過し、尿道に精液を運びます。 男性の尿道は、膀胱から伸びて、前立腺を通って陰茎先端の外部開口部に至ります。 それは身体から精液を放出する前に、前立腺から追加精液流体を受ける。

3. 副生殖線によって、精漿が精液に加えられる

二次生殖腺

精子細胞は、移動および生存を精漿に依存しています。 この液体は、射精時に 精嚢、前立腺と尿道球腺などの付属腺によって産生されます。 2つの嚢状構造をした精嚢は、膀胱の後近くに位置し、膀胱に向かって伸びています。 そこで、それぞれに輸精管の1つが加わり、射精管を形成します。 小嚢は、糖、プロスタグランジンおよび他にも精液量の3分の2を作る物質を含む白っぽい茶色の液体を分泌します。 膀胱の下、陰茎の始まりより上に位置する前立腺は、射精管と前立腺尿道を含みます。 精液が尿道に入ると、前立腺が精子の活性化を補助する酵素を分泌します。 尿道球腺(またはカウパー腺)はエンドウ豆の大きさで、前立腺から現れる場所で尿道に結合する単一の管です。 こうした腺によって、精子の運動性を補助する粘液が加えられます。

4. 海綿状の内部組織が、陰茎の性機能を握る鍵である

陰茎の横断面、体と頭部の構造物。

陰茎は、恥骨弓の正面と両側で身体から懸垂する男性外性器の一部です。 内部的には、陰茎は連結している3つの組織の柱から構成されています。 対になった陰茎海綿体が、陰茎根から体を通って一緒に伸びています。 尿道海綿体は、陰茎海綿体の下側に沿って走行しています。 それは尿道の海綿体部を含み、陰茎体を超えて広がり、陰茎亀頭(先端)を形成します。 陰茎海綿体と尿道海綿体の組織の構造はスポンジ状です。 性的興奮と性行為の間、組織内の空間が血液で充満されます。 陰茎が硬直します。 ちょうど、膣に入り女性生殖器に直接精液を届けることができるようになります。

外部リソース

人体からとった陰茎尿道のビュー、ストーニーブルック大学医学部提供。 人体オンライン。

デモイン大学オンライン医学用語コースを参照にした男性生殖器系の用語

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。