ヒトの脳: 解剖学的構造と機能

© 2022 Visible Body

脳の 4 つの主要な部位を見るには、この 3D モデルを回転させます: 大脳、間脳、小脳、脳幹。

Download on the App Store Get it on Google Play 3D解剖学をもっと手に入れる

脳領域の図

脳は、身体の内部機能に指令を発します。 脳は、知覚インパルスと情報を統合して、知覚、思考および記憶を形成します。 脳によって、自己認識と言語能力を獲得し、世界を移動することができるようになります。 脳の4つの主要領域がそれを可能にします。 大脳はその大脳皮質と共に、動作を意識的に制御します。 間脳は、感覚を仲介し、感情を管理し、全体の内部システムを統括します。 脳幹が脊髄からシグナルを伝達して、基本的な体内の機能と反射を指令する一方で、小脳は身体運動、発声の協調およびバランスを調整します。

1. 意識の中枢: 大脳は高次の知的機能を担います

大脳の部分の図

大脳は、最大の脳構造であり、前脳の一部です。 そのひときわ目立つ外側の部分(大脳皮質)は、感覚および運動情報を処理するだけでなく、自分自身と外界を考慮する意識を司ることができます。 それは、”灰白質” という用語を聞くときに大部分の人が思い浮かべるものです。 皮質組織は主にニューロン細胞体からなり、そのヒダと亀裂(脳回と溝として知られる)によって大脳は特徴的な皺だらけの表面を持ちます。 大脳皮質には、左半球と右半球があります。 各半球は、4つの葉, 前頭葉、側頭葉、後頭葉と頭頂葉に分けることができます。 葉は、機能を担う部分です。 思考と記憶、計画と意思決定、言語能力と感覚認識のさまざまな領域に特化しています。

2. 小脳は身体の動作を微調整して、身体のバランスを維持します

小脳部分の図

小脳は、脳の中で2番目に大きい部分です。 小脳は、大脳の後頭葉の下の後脳の一部である脳幹の背側に位置します。 大脳のように、小脳にも左右の半球があります。 中間の領域(虫部)が、それらを結合しています。 内部組織の中心には、白い幹が伸びていて、その分枝と小枝が半球に枝のように広がっていることから、小脳活樹と呼ばれています。 小脳の主要な機能は、姿勢とバランスを維持することです。 脇へジャンプする、前方へ手を伸ばす、あるいは急に回転する時に、潜在意識が各運動を判断します。 次に、小脳は、シグナルを大脳に送信し、身体の位置を安定に保つ筋運動を示します。

© 2022 Visible Body

小脳

脳の 3D モデルを回転させると、小脳が大脳よりも小さいことが分かります。

Download on the App Store Get it on Google Play 3D解剖学をもっと手に入れる

3. 脳幹は脳と脊髄の間でシグナルを中継して、基本的な不随意機能を管理します

脳幹部分の図

脳幹は、脊髄を脳の高次の思考中枢に接続します。 それは、3つの構造、 延髄中脳からなります。 延髄は脊髄と連続していて、前に述べた橋に接続します。 延髄と橋は両方とも、後脳の一部と考えられています。 中脳は、橋を間脳および前脳に接続します。 感覚および運動シグナルを中継する他に、脳幹の構造体は不随意機能を指令します。 橋は、呼吸リズムの制御を補助します。 延髄は、呼吸、消化および循環、また嚥下、咳、くしゃみなどの反射を担います。 中脳は、視力と聴力関連の反射と同様に運動制御、視力および聴力を担います。

4. 選別ステーション: 視床は感覚のデータを仲介して、シグナルを知覚反応のある脳に伝達します

脳における視床の位置

間脳は前脳の領域で、中脳(脳幹の一部)と大脳の両方に接続しています。 視床は、間脳の大部分を形成します。 視床は、大脳皮質の全体に広がるニューロンと共に、2つの対称性の卵形の塊からなります。 脳の異なる領域からの感情、内臓などに関する情報とともに、感覚データが脳幹から視床に一気に流れ込みます。 視床は、こうしたメッセージを大脳皮質の妥当な領域に中継します。 それは、どのシグナルが意識的な認識を必要とするか、いずれが学習と記憶に利用されるべきかを決定します。

5. 視床下部は知覚インパルスを管理し、感情を制御し、並びに体内の機能を調節します

脳における視床下部とその位置

視床下部は、中脳と大脳に接続する前脳の領域である間脳の一部を占めます。 視床下部は、嗅覚、味覚および視力の知覚インパルスを処理するのを補助します。 また、痛みと快楽、攻撃性と娯楽などの感情を管理します。 視床下部は、内臓の制御センターでもあり、日々、身体を維持する内分泌系と身体の内部機能を調節します。 視床下部は、神経系シグナルを下垂体に伝達する興奮性または抑制性のホルモンに変換します。 こうしたホルモンは、身体の特定の腺と組織を標的とする下垂体ホルモンの放出を促進または抑制します。 一方、視床下部は、体内の不随意機能を主として担う自律神経系を管理します。 それは睡眠周期と他のサーカディアンリズムにシグナルを送り、摂食量を調節し、生体の化学反応と体温をモニターかつ調整します。

外部リソース

レム睡眠と橋(脳幹の一部)についての研究に関するサイエンス・デイリーの記事。

シカゴ大学医学部のオンライン図書館に所蔵されている脳解剖に関する論文。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。