ヒトの筋肉に関する5つの事実: 筋肉とその動きに関する概説

© 2019 Visible Body

ヒトの筋骨格系

腹筋は肋骨と脊椎を移動させるのに重要な役割を果たします。

iTunesGoogle Play

筋肉-組織の-種類

端的に言えば、筋肉によって私たちは動くことができます。 平滑筋と心筋は、動いて心拍や消化といった身体機能を促進します。 こうした筋肉による動きは、自律神経系によって指示を受けます。これらの神経が臓器を制御しています。 骨格筋は、身体の空間動作を担います。 それぞれの筋肉の神経を支配する特定の神経から、直接の指示を受けます。 人体の筋肉についてもっと詳しく知りたいですか? ここに、他にも覚えておくべき5つの事実があります。

1. 600を超える骨格筋は、私たちの体重のおよそ半分を占めています

600を超える-骨格-筋

ヒトの骨格を動かしている筋肉は、さまざまで、形も大きさも大きく異なっており、すべての体の部分に広がっています。 骨格筋だけでも600を超え、体重の約40%に相当します。 血管および神経は、すべての筋肉に通っており、それぞれの筋肉の機能を制御および調整する補助をしています。

2. 骨に付着している骨格筋

5B-Skeletal-Muscles-Attach-to-Bones

骨格筋は、骨格、骨または靱帯などの結合組織のいずれかに結合しています。 筋肉は、常に2つまたはそれ以上の箇所に付着しています。 筋肉が収縮すると、付着点が近くに引き寄せられ、 筋肉が弛緩すると、付着点は離れて行きます。

3. 骨の上の筋肉が引き寄せられ身体を動かします

肘-関節の-屈曲

筋肉の収縮と弛緩によって骨が動きます。 腕の橈骨と尺骨の筋肉が引き寄せられると、肘関節が曲がります(屈曲する)。 神経から筋肉にメッセージが伝わり化学反応が引き起こされると、筋肉が収縮します。 こうした反応によって、筋線維細胞の内部構造が変わります(筋肉を短くする過程)。 神経系の信号がそれ以上存在しない場合には、筋線維が弛緩し、すなわち筋肉を短くする過程が逆に戻ります。

4. 筋肉は多くの臓器の壁を作っている

Muscles(筋肉)-多くの-組織-の-壁を-作っている

筋組織がすべて骨格筋であるというわけではありません。 平滑筋組織は、人体の多くの臓器の壁に存在し、身体機能を促進するためにこうした臓器の動きを補助しています。 消化管(食道、胃および腸)は、消化過程を通じて栄養素が移動するために収縮と弛緩をする筋組織を含んでいます。 膀胱もまた筋組織を含んでおり、収縮と弛緩をし、尿を貯めたり排泄したりしています。 心拍は、心臓壁にある筋組織が収縮と弛緩をする結果、作りだされます。 動脈にある平滑筋は、全身に血液が移動するのを補助しています。

5. 体性運動信号は骨格筋を動かします

筋肉の神経支配の体性経路どのように骨格筋は動くのか? 体性感覚からの信号は、大脳皮質から、特定の骨格筋に関連している神経に送られます。 ほとんどの信号は、全身にわたって骨格筋に分布している神経と接続している脊髄神経を走行します。 肘関節を屈曲しますか? 大脳皮質は、脊髄神経を通って、肘関節周辺の筋肉の神経を支配する神経に信号を送ります。 この信号が細胞によって組織される筋組織に到達すると、肘関節を曲げる収縮が起こります!

外部リソース

筋肉系の研究、グレイの『人体の解剖学』(1918版)から。

見る: 筋肉の力は、中央にあります。(出典:the Atlantic by way of Journal of Neurophysiology (神経生理学ジャーナル大西洋版)

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。