股関節、肩、腕、および脚: 付属肢骨格の骨

© 2019 Visible Body

骨盤

骨盤の骨が下肢の骨を中軸骨格に結合させます。

iTunesGoogle Play

肩帯、上肢、骨盤帯および下肢

ヒトの骨格の骨は、2つのグループに分けられます。 軸骨格は、身体の長軸に沿うすべての骨(骨構造を形成する)を含みます。 付属肢骨格の骨は、残りの骨格を形成し、軸骨格の付属物であることからこのように呼ばれます。 付属肢骨格には、肩帯、上肢、骨盤帯および下肢の骨が含まれます。

付属肢骨格の骨を見ます。

1. 肩帯の骨

Bones of the shoulder girdle

胸筋または肩帯は、肩甲骨と鎖骨を構成します。 肩帯は、上肢の骨と軸骨格を結合します。 このような骨にも、肩や上肢を動かす筋肉のために、付着点があります。

肩帯の骨を3Dで見る。

ヒューマン・アナトミー・アトラスの鎖骨と肩甲骨

2. 上肢の骨

上腕骨、橈骨、尺骨、および手首と手の骨

上肢には、腕の骨(上腕骨)、前腕(橈骨と尺骨)、手首および手が含まれます。 腕の唯一の骨が上腕骨で、肘関節の位置で前腕骨(橈骨と尺骨)と関節接合します。 尺骨は、2個の前腕骨のうち最も大きいものです。

大菱形骨、舟状骨、月状骨、小菱形骨、有頭骨、三角骨、豆状骨、および有鈎骨手首の骨

手首の骨。手首または手根は8つの手根骨からなります。 手首の8つの手根骨は、舟状骨、月状骨、三角骨、豆状骨、小菱形骨、大菱形骨、有頭骨、有鉤骨です。

手の骨、中手骨、基節骨、中節骨と末節骨手の骨。 手には、手首に8個の骨があり、5個の骨が掌を形成し、14個の骨が指および親指を形成します。 手首の骨は、手根骨と呼ばれます。 手の掌を形成する骨は、中手骨と呼ばれます。 指骨は、指の骨です。

3. 骨盤の骨

寛骨、腸骨、恥骨および坐骨

骨盤帯は骨の輪で、下肢の骨と軸骨格をつなぐ脊柱に付着しています。 骨盤帯は、左・右の寛骨から構成されています。 それぞれの寛骨は、大きく扁平で、そして不規則な形で、3個の骨、腸骨、坐骨および恥骨が癒合してできています。

男性と女性の、恥骨縁と恥骨弓との間の違い女性と男性の骨盤。 女性と男性の骨盤には、女性は出産に適応するために、いくつかの相違点があります。

  • 女性の恥骨縁は、男性のものより大きく広くできています。
  • 女性の骨盤では、恥骨弓の角度(90度以上)は、男性の骨盤での角度(90度以下)より大きくなっています。
  • 男性の骨盤は、女性よりも深く、骨盤出口が狭くなっています。

4. 下肢の骨

大腿、脚および下肢の足首の骨

下肢は、大腿、脚、および足の骨を含みます。 大腿骨は、大腿にある唯一の骨です。 それは、2つの脚の骨、大きい方の脛骨(一般に、向こうずねとして知られています)と、より小さい腓骨とが関節接合しています。 大腿と脚の骨は、大腿四頭筋腱を支える膝蓋骨によって保護、強化された膝関節で関節接合しています。 足の骨には、足根骨、中足骨、および趾骨があります。

足の骨、中足骨、基節骨、中節骨、および末節骨足骨

足の骨。 足の骨は、足首の足根骨、足趾を形成する趾骨、足にアーチを作る中足骨から構成されています。 手と同様に、足には5個の中足骨、5個の基節骨、5個の末節骨がありますが、中節骨は4個しかありません (母趾には2個の趾骨しかありません)。

足首の骨、距骨、舟状骨、楔状骨、踵骨、および立方骨足首の骨

足首の骨。 足首、または足根骨は7個の足根骨、 踵骨、距骨、立方骨、舟状骨、および3個の楔状骨から構成されています。

足底弓、横足弓、外側縦足弓、および内側縦足弓足底弓

足底弓。 足底弓は、結合する骨および足の靱帯によって形成されています。 それは、衝撃を吸収する構造体として機能し、体重を支え、歩行の間、ストレスを均等に配分します。

  • 縦足弓は、踵骨から中足骨の頭に向けて走行し、中間部と後部があります。
  • 横足弓は、楔状骨および中足骨の底を横切って走行します。

外部リソース

ヒューマン・アナトミー・アトラスは、人体がどのように見えて機能するかの理解と伝達を助けるために、何千ものモデルを提供しています。

股関節および足首のX線写真。 ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校・医学部。 身体オンライン。

股関節のイラストレーション、グレイの『人体の解剖学』(1918版)から。