女性生殖器系は卵子を生成し、受精を促進して発育中の胚芽をサポートする。

Touch

© 2019 Visible Body

子宮頸管がどの様に子宮と膣に接続しているかを見るには 3D モデルを回転させます。

iTunesGoogle Play

女性生殖器の構造の概観

女性生殖器系には外性器と内性器が含まれます。 陰門とその構造が、外性器を形成します。 内性器は、次にあげる管の3つの部分のシステム、 卵管、子宮、および膣を含みます。 この管のシステムは、卵巣(一次生殖器)と結合します。 卵巣は卵細胞を生成し、受精のためにそれらを放出します。 受精卵は、子宮の内部で発達します

1. 卵子の生成: 卵巣は、女性生殖腺である

クリックして卵細胞が形成される動画を再生する

卵巣は輸卵管に接続している子宮の両側にある2つのアーモンド形の構造です。 エストロゲン、プロゲステロンと他のホルモン類と同様に卵母細胞(卵細胞)を生成します。 卵細胞の生成または卵子形成は、原始卵胞から始まります。 女児が思春期に達すると、それぞれの卵巣は数千の卵胞を含み、それぞれの卵胞は一次卵母細胞を含みます。 卵胞が成熟すると、一部の一次卵母細胞が二次卵母細胞になります。 排卵時までに、1つの成熟卵胞だけが残ります。 残りの卵胞は劣化します。 排卵(1ヵ月に約1回)の間、優性卵胞が破裂し、その二次卵母細胞が放出されます。 卵母細胞は輸卵管に移動し、そこで受精することができます。

2. 卵巣からの卵細胞は、輸卵管の中を移動する

排卵の間、卵子は、輸卵管の漏斗部、膨大部および峡部を通ります。

輸卵管(ファロピウス管または卵管とも呼ばれます)は、卵巣と子宮を連結します。 それぞれの管の壁には、外部の漿膜層、中間の筋肉層および子宮の内膜と連続している内部の粘液層があります。 それぞれの輸卵管は、以下の3つの部分に分けることができます。 漏斗部は、腹部に開いています。 峡部と呼ばれる収縮した部分は、子宮と連結しています。 最後に、中間の拡張した部分、膨大部は卵巣を超えて湾曲しています。 卵子の受精は、通常膨大部で起こります。 その後、卵子は卵管峡部を通って子宮に移動します。

3. 胚芽が胎児になるにつれて、子宮は拡大する

妊娠期間中の子宮の大きさの変化

子宮は、膀胱と直腸との間の骨盤腔に位置するセイヨウナシ形の器官です。 それは、厚い筋肉の壁からなる中空器官です。 輸卵管(両側に1つづつある管)は、卵巣から子宮上部へと続きます。 子宮の下部は収縮して子宮頚部と呼ばれる部分となり、膣に至ります。 月経の間、子宮内膜が脱落します。 しかし、女性が妊娠すると、受精卵は子宮壁に埋没し、月経がなくなります。 卵子が胚芽に発育し、次に胎児へと成長するにつれて、子宮が劇的に拡大します

4. 膣: 3つの中心的な機能を持つトンネル

女性生殖器系の内側部分と泌尿器の膀胱

膣は子宮下部の子宮頚部から陰門と陰門の一部である前庭そして外生殖器まで下って広がっています。 それは、膀胱の後、直腸の前に位置します。 内膜の粘膜は、膣の平滑筋壁に沿って並んでいます。 輸卵管の内側層のように、この内膜は、子宮の粘液内膜と連続しています。 膣には、次にあげる3つの主要な機能があります。 先ず、体外に月経出血を運び、性行為時には男性の陰茎を受け入れ、出産時には産道の役割を果たします

5. 陰門は、女性の外性器 からなる

陰門の外側の構成要素

陰門の構造物によって、性行為が容易となり、内性器への出入口となります。 これらには、小陰唇と大陰唇、恥丘、陰核、大前庭腺と膣前庭が含まれます。 前庭には、2つの開口があり、 小さい方の尿道開口部によって、尿を排出することが可能となります(泌尿器系の一部として)。 大きい方の膣口は、膣への入口です。

外部リソース

デモイン大学オンライン医学用語コースを参照にした女性生殖器系の用語

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。

シカゴ大学医学部オンライン図書館の提供による婦人科の健康に関するガイド。