循環器系の病態: 一般的な疾患と障害

循環性-病理学

心血管系とも呼ばれる循環系は、心臓、および全身に血液を循環させる血管ネットワークを含みます。 いくつかの疾患と障害は、この系に影響を及ぼすおそれがあります。 下記は、最も一般的な病態の一部です。

1. 腹部大動脈瘤は、身体の酸素化された血液の主な供給元に影響を及ぼします

クリックして腹部動脈瘤から隆起した大動脈の動画を見る。

酸素化された血液は、心臓の左心室から大動脈に拍出されます。 大動脈は、最も大きい動脈です。 それは、身体の大部分の領域に分布する全身動脈に分岐します。 腹部大動脈瘤では、大動脈の壁が腹部の領域で弱くなり、それは、通常、高血圧によって起こります。 隆起が発現します。 壁はさらに弱まり、その後破裂し、内出血を引き起こします。 ナレーターの声: 腹部大動脈瘤では、大動脈の壁が弱まり、隆起が発現します。 その後、破裂し、内出血を引き起こします。

© 2022 Visible Body

大動脈

大動脈は体の中で最も大きな血管で、酸素が豊富な血液を心臓から運び出します。

Download on the App Store Get it on Google Play 3D解剖学をもっと手に入れる

2. 僧帽弁逸脱は、心臓の左心房と左心室との間の弁に影響を及ぼします。

クリックして、僧帽弁逸脱の動画を再生する

僧帽弁は、4つの心臓弁のうちの一つです。 それは、左心房から左心室への相応な血流を制御します。 僧帽弁逸脱では、弁が内側に隆起して、適切に閉まりません。 僧帽弁逸脱のある大部分の人は生まれつきです。 まれに、血液が心房へと戻る場合があり、この状態は僧帽弁逆流と呼ばれています。

3. 冠動脈疾患は、心疾患の中で最も一般的な種類です

クリックして、冠動脈疾患の動画を再生する。

コレステロールとプラークが冠状動脈の内部壁で蓄積すると、冠動脈疾患(CAD)が発言します。 この蓄積は、アテローム性動脈硬化と呼ばれています。 動脈がますます閉塞すると、酸素の豊富な血液を心臓組織に送る流れが損なわれます。 未治療のまま放置すると、閉塞によって胸痛、心発作が引き起こされるおそれがあります。

4. 心筋梗塞は、別名心臓発作と呼ばれます

心筋梗塞による心臓組織損傷の動画

心筋梗塞または心臓発作は、心臓組織への血流が妨げられると起こります。 これは、冠状動脈の壁で、プラークが蓄積することで生じるおそれがあります(冠動脈疾患の場合のように)。 酸素化された血液が心筋の一部に達することができないため、その筋肉は死滅するか、損傷を受けます。 心臓は弱まり、ポンピング能力が著しく減少します。 心臓発作の徴候には、胸部不快感(圧力、圧迫感、または痛み)、息切れ、悪心、および立ちくらみが挙げられます。

5. 脳卒中には、次の2つの種類があります。 虚血性脳卒中と出血性脳卒中

クリックして、虚血性脳卒中による脳組織の損傷の動画を見る

血餅が頚部の頚動脈で形成されると、一部が離脱して脳に栄養を供給している動脈に移動します。 それから、血餅はこうした動脈の1つに留まる場合があり、臓器の一部への血液供給を妨げます。 この病状は、虚血性脳卒中と呼ばれます。 血液供給の不足により、脳組織が破壊され、神経性損傷を引き起こします。 出血性脳卒中と呼ばれるもう1つの種類の脳卒中は、脳の動脈が破裂し、脳に血液が流れこむことで起こります。

外部リソース

細胞がどのように冠状血管になるかを理解することが、心臓損傷の修復を進歩させることにつながりますサイエンス・デイリー・ニュースより

シカゴ大学医療センターからの一般的な心臓診断検査のリスト。