血管の構造および機能: 循環系ネットワークはどのように全身にエネルギーを供給しているのでしょうか

© 2019 Visible Body

静脈

静脈は、血液を心臓に運ぶ循環を支援する循環系の脈管です。

iTunesGoogle Play

人体の血管

循環器系を通る血流によって、栄養分、酸素、および水が全身の細胞に運まれます。 旅は心臓に始まり、心臓に終わりますが、血管は随所であらゆる生命維持に必要な場所に到達しています。 このような動脈、静脈および毛細血管が管の広大なネットワークを構築しています。 身体の血管すべてを一列に並べると、ほぼ60,000マイル(約96000キロメートル)にも達します。 これは、地球をほぼ3周するのに十分な長さです。

1. 血管には、以下の3つの主要な種類があります: 動脈、静脈、そして毛細血管。

異なった種類の血管とそれらの層

血管は血液を全身に流します。 動脈は、血液を心臓から送り出します。 静脈は、血液を心臓へ戻します。 毛細血管は、酸素、栄養素、および他の物質を送り届け、吸収するために、身体の細胞や組織を取り囲んでいます。 毛細血管はまた、動脈の分枝に接続しており、静脈の分枝にも接続しています。 ほとんどの血管の壁には、以下の独特な3つの層があります: 外膜、中膜、および内膜。 こうした層は、その中を血液が流れる。内部が空洞になった内腔を取り囲んでいます。

2. 酸素化された血流は、心臓から動脈を通って送り出されます

主要動脈と分枝

心臓の左心室は、酸素化された血液を大動脈に排出します。 そこから、血液は主要動脈を通り、筋性動脈に分岐し、その後、微細な細動脈に分岐します。 細動脈は、毛細血管のネットワークに分岐して組織に酸素と栄養素を供給します。 動脈壁は静脈壁より厚く、平滑筋および弾性組織に富んでいます。 この構造によって、動脈は、血液が送り出される時に拡張することが可能です。

3. 静脈は、血液を心臓に向けて戻します

上大静脈と下大静脈

毛細血管によって血液から身体の組織に酸素および他の物質が放出された後、その血液を静脈に向かって戻します。 最初に、血液が細静脈と呼ばれる微細な静脈の分枝に入ります。 細静脈は、血液を静脈へと導き、大静脈を通って心臓に血液を戻します。 静脈壁は動脈壁より薄く、動脈壁ほどの弾性もありません。 静脈内の血液を押し出す圧力は、それほど大きくありません。 事実、静脈内腔には、血液の逆流を防ぐために複数の弁があります。

4. 血液と組織との間のガス、栄養素、および老廃物の交換は、毛細血管で行われます

クリックして毛細血管を通る血流の動画を再生する

毛細血管は微小な血管で、身体の細胞を取り巻くネットワークを形成するため、細動脈から分岐しています。 肺では、毛細血管は、吸入した空気から酸素を血流内に吸収し、呼気に二酸化炭素を放出します。 身体の随所で、毛細血管の血液から、酸素およびその他の栄養素が組織へ拡散され、組織に供給されます。 毛細血管は、組織から二酸化炭素およびその他の老廃物を吸収し、その後、脱酸素化された血液を静脈内へ流します。

5. 休みなく動く心臓のポンプ作用によって、血圧が維持され、全身にくまなく血液が供給されます

クリックして血圧測定の動画を再生する

循環系を通って血液が移動するため、血管壁に圧力がかかります。 拍動する心臓が作りだす血流の力と、血管壁の抵抗によって血圧が生じます。 心臓が収縮すると、血液が動脈を通って送り出されます。 この高い圧力によって、血液が血管壁を押して速く流れます。 心室が弛緩すると、血液の力が減少するので、血管壁は押し戻されます。 この低い圧力の下で、血流は減速します。

外部リソース

キャリントン・カレッジの 血圧についてのブログ。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。