腎臓のためにあきらめる: 他にどこで血液がろ過されることを望みますか?

© 2019 Visible Body

腎臓

腎臓は、T12とL3椎骨の間の腹部の後ろに位置します。

iTunesGoogle Play

腎盂と錐体構造を示している腎臓の横断面

腎臓は、腹壁の後ろ、泌尿器系の始まる所に位置します。 こうした器官は、常に働いています: ネフロン(腎錐体の小さい構造物)は、毎日、何ガロンもの血液をろ過しています。 腎臓は生命に必要な物質を再吸収し、不必要なものを除去し、ろ過した血液を身体に戻します。 それでは足りないかのように、腎臓は、すべての老廃物を除去するために尿も生成します。

1. 腎臓は、腹部の後腹膜器官である

肝臓に対する腎臓の位置および胸椎と腰椎

腎臓は腹膜の後で位置するため、後腹膜器官と呼ばれています。 腎臓は、T12とL3椎骨のレベルの間で、腹部の後ろに位置します。 右腎は、肝臓があるために左腎よりわずかに低い位置にあります。 両方の腎臓は豆形で、成人のこぶし大の大きさです。

2. 腎動脈と腎静脈を通して腎臓に血流が出入りする

腎動脈と腎静脈を通って腎臓へ出入りする血流血液は、腎動脈を通って腎臓に入ります。 このような動脈は、腎臓(すなわちネフロン)の中の泌尿器系の構造に繋がる微小な毛細管に分岐します。 ここで、血液がろ過されます。 老廃物は除去され、生命維持に必要な物質は血流に再吸収されます。 ろ過された血液は、腎静脈を通って出ていきます。 身体のすべての血液は、毎日、数百回も腎臓を出たり入ったりします。毎日、約200クオート(約190リットル)の液体を24時間ごとにろ過します。

3. 腎臓は、3つの主要な区分からできている

腎錐体と髄質を示す腎臓の横断面。

それぞれの腎臓は、外側の腎皮質、内側の腎髄質および腎盂から構成されています。 血液は、腎皮質でろ過されます。 腎髄質は腎錐体を含み、ここで尿が生成されます。 尿は、腎錐体から腎盂へ通過します。 この漏斗形の構造物は、それぞれの腎臓の中心窩洞を占め、外へ伸びて尿管と接続するところで狭くなります。 尿は腎盂から出て尿道に流れて行きます。

4. ネフロン: 血液ろ過と尿産生の基本的な機能単位

ネフロン小管、腎錐体と腎皮質を示すネフロンの解剖学的構造と機能

それぞれの腎臓は、ネフロンと呼ばれる100万以上の微小な構造物を含みます。 ネフロンの一部は皮質に、一部が腎錐体内部にあり、ここでネフロン小管は大部分の錐体の集団を作ります。 ネフロンは、腎臓の主要な機能を担い、 体内で水と他の物質の濃度を調整します。 ネフロンは、血液をろ過し、身体が必要とするものを再吸収し、残りは尿として排泄します。

外部リソース

成人の腎臓の横断面、ユタ大学、スペンサーS.エクルズ ヘルスサイエンス図書館提供。 「エクルズのヘルスサイエンス ライブラリ」。

研究: ジョージタウン大学で実施された研究では、見知らぬ人に腎臓を提供するドナーとなる人々の脳の構造は、そうしない人々の脳の構造とは有意な差があることが示されています

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。