呼吸器系の病理: 一般的な疾患と障害

一般的な呼吸器系の障害には、肺の虚脱(図示)から、気管支炎、喘息、およびその他が挙げられます

呼吸器疾患と障害には、 感染性と慢性の2つの種類があります。 肺感染症で最も一般的なものは、細菌またはウイルスによるものです。 ウイルスによる種類では、病原体が細胞内で複製され、インフルエンザなどの疾患を引き起こします。 喘息などの慢性疾患は、持続性で長く続きます。 それは再発する場合もあり、患者によっては、時間を置いてから再び症状が出るだけの場合もありますが、寛解することもあります。

1. 喫煙は、慢性閉塞性肺疾患 (COPD)の原因となるおそれがあります。

慢性気管支炎を起こした細気管支は、炎症を起こし過剰な粘液が産生されます。 肺気腫があると肺胞が破れ、毛細血管が少なくなります。

COPDは、肺を刺激し損傷する物質に長期間にわたり暴露されることで発症する慢性の呼吸障害です。 こうした物質には、たばこの煙や他の吸入性の汚染物質が挙げられます。 COPDの2つの主な種類は、慢性気管支炎と肺気腫です。 慢性気管支炎では、炎症を起こした気道が収縮し過剰な粘液を産生し、そのため呼吸するのが困難になります。 肺気腫では、肺の中の肺胞が損傷を受けます。 これによって酸素吸収が阻害され、患者が息切れするようになります。.

2. 炎症および気道の収縮が、喘息の特徴である

クリックして肺胞での喘息の影響に関する説明を再生する

喘息は慢性の障害で、ヒリヒリする痛みおよび気道壁内部の腫れがあります。 喘息は、空気中の粒子を吸入することによって刺激されることがあります。 身体活動または呼吸感染も原因となる場合があります。 喘息の発作では、吸入時に炎症を起こした気道が刺激されます。 気道壁の平滑筋が堅く締められ、その結果気管支収縮(細気管支管の収縮)および過剰な粘液産生が起こります。 気道が狭く閉塞されるため、肺に出入りする正常な空気の流れが制限されます。 喘息は、喘鳴、咳に悩まされ、発作の間は、呼吸が困難となります。

3. 副鼻腔炎は、副鼻腔中の粘膜の炎症です。

副鼻腔炎のあるこのような洞では、粘液が過剰にあり、洞壁が炎症を起こしています。

副鼻腔は中空で、鼻腔周囲の頭蓋骨にある空気で満たされた空洞です。 粘膜が洞の内部を覆っています。 粘膜は、通常は鼻腔に流れる粘液を産生します。 空中のアレルゲンおよびウイルスまたは細菌による感染によって、粘膜に炎症が引き起こされることがあります。 炎症は、洞の開口を閉塞し、粘液が流れるのを妨害します。 これは、一般に副鼻腔炎として知られる症状です。

© 2019 Visible Body

副鼻腔(洞)

副鼻腔(洞)は空気を充填した空洞で、会話の共鳴室として機能し、侵入してくる空気を湿らせる粘膜を産生します。

iTunesGoogle Play

4. インフルエンザは呼吸器のウイルス感染症です

クリックしてインフルエンザ・ウイルス疾患に関する説明を再生する

インフルエンザは、伝染性疾患です。 インフルエンザ・ウイルスは、空気を介して人から人へ移るおそれがあります。 一旦、吸い込むと、インフルエンザ・ウイルスは、呼吸器に移動し、気道の内部を覆っている上皮細胞に入ります。 感染は、ウイルスが複製することで広がり、宿主細胞を破壊し血流へ移動します。 身体の免疫反応によって、高熱、寒気および筋肉痛が発現します。

5. 胸部傷害は、気胸、肺の虚脱の原因となることがあります。

クリックして、気胸による肺の虚脱の説明を再生する

胸郭は、通常は肺を保護しています。 しかし、胸部傷害によって肺組織に穴があいたり、断裂したりすることがあります。 空気は、断裂した箇所から漏れて、肺と胸壁との間に貯まります。 空気圧が、肺の外側を肺が潰れるまで押します。 肺が完全に潰れることを気胸と呼びます。

外部リソース

米国肺協会は、COPDおよび喘息に関する指針と情報を提供しています。

研究者は次に出現する新規のインフルエンザ株を監視しています、 Science Dailyから。