呼吸器系の上位5つの機能

呼吸器系の主な構造には、鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支、肺および細気管支があります

呼吸(吸入と呼気)を通して、呼吸器系は、空気と血液との間のガス交換、および血液と身体の細胞との間のガスの交換を促進します。 呼吸器系はまた、匂いを嗅いだり、音を出したりするのを補助します。 次に、呼吸器系の5つの重要な機能を挙げます。

1. 吸入と呼気 は、肺換気です。これが呼吸です。

クリックして肺換気の動画を再生する

肺換気では、空気が鼻腔および口腔(鼻と口)を通じて吸い込まれます。 空気は、咽頭、喉頭、および気管を移動して肺に入ります。 次に、空気は、同じ経路を逆に流れて吐き出されます。 肺の中の容量や空気圧が変わると肺換気が刺激されます。 正常の吸入の間、横隔膜および外肋間筋が収縮し、胸郭が上に上がります。 肺の容量が増加すると、空気圧が減少し、空気がどっと入り込みます。 通常の呼気の間、筋肉は弛緩しています。 肺はより小さくなり、空気圧が高まり、そして空気が吐き出されます。

2. 外呼吸は、肺と血流との間でガスを交換します

クリックして外呼吸の動画を再生する

肺の内部では、外呼吸と呼ばれる過程を通して、酸素が廃棄物である二酸化炭素と交換されます。 このプロセスは、肺胞と呼ばれる何億もの微小な袋を通して行われます。 吸入空気からの酸素は、肺胞から周囲の肺毛細管へ拡散します。 そして、赤血球中のヘモグロビン分子と結合し、血流に乗って送り出されます。 一方、脱酸素化された血液からの二酸化炭素は、毛細血管から肺胞へ拡散し、呼気を通して吐き出されます。

3. 内呼吸は血流と身体組織との間のガスを交換します

クリックして内呼吸の動画を再生する

血流は、酸素を細胞に運搬し、内呼吸を通して廃棄物、二酸化炭素を除去します。 このプロセスでは、赤血球が、肺から吸収した酸素を血管系を通して体内に運びます。 酸素化された血液が細い毛細血管に到達すると、赤血球は酸素を放出します。 酸素は、毛細血管壁を通って身体組織へと拡散します。 一方、二酸化炭素は、組織から赤血球および血漿の中へと拡散します。 脱酸素化された血液は、二酸化炭素を運び、肺に戻って放出します。

© 2022 Visible Body

赤血球

赤血球は吸入した酸素を体の組織に運び、排気するために肺に二酸化炭素を持ち帰ります。

Download on the App Store Get it on Google Play 3D解剖学をもっと手に入れる

4. 声帯を振動する空気が音を作り出す

クリックして発声を説明する動画を再生する

発声は、上気道の構造によって音を作り出すことです。 呼気の間、空気は肺から喉頭または発声器へと通貨します。 話しをする時には、喉頭の筋肉が披裂軟骨を動かします。 披裂軟骨は、声帯、または声帯ヒダを共に押します。 声帯が一緒に押されると、その間を通る空気が声帯を振動させて、音を作り出します。 声帯がより緊張すると、より速く振動し、より高い音を作り出します。 緊張が弱いと、より遅く振動し、より低い音を作り出します。

5. 嗅覚(匂いを嗅ぐ)は化学的感覚です

クリックして嗅覚器官の構造の動画を再生する

嗅覚のプロセスは、鼻の内部にある鼻腔の内部を覆っている嗅神経線維で始まります。 腔に空気が入ると、空中の特定の化学物質が、繊毛上にある神経系の受容体と結合し活性化します。 この刺激が信号を脳に伝達します。 ニューロンが鼻腔からの信号を取り、篩骨の開口部を通して、次に嗅球へ伝えます。 信号は、その後嗅球から、脳神経1に沿って、大脳皮質の嗅覚野に伝達されます。

外部リソース

人体からのの画像、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校・医学部提供。 身体オンライン。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。