肺循環と体循環: 血流の経路と機能

© 2019 Visible Body

循環系

循環系は心臓、および体中に血液を運ぶ動脈と静脈から構成されています。

iTunesGoogle Play

生命を維持するために、血液は常に循環している必要があります。 血液は、呼吸する空気から酸素を全身の細胞に運びます。 心臓のポンプ機能がこの血流の駆動力となり、動脈、毛細血管、および静脈を通ります。 一組の血管が、血液を、ガス交換のために肺を巡って循環させます。 他の血管は、身体の残りの部位にエネルギーを供給します。

1. 以下の2種類の循環があります: 肺循環と体循環

肺循環と体循環の血管

肺循環は、心臓と肺の間での血液の移動です。 肺循環によって、脱酸素化された血液が肺に運ばれて酸素を吸収し、二酸化炭素を放出します。 酸素化された血液は、その後、心臓に戻ります。 体循環では、血液が、心臓とそれ以外の身体との間を移動します。 体循環によって、酸素化された血液が細胞に送られ、脱酸素化された血液が心臓に戻ります。

2. 心臓は両方の種類の循環の動力となっています。

クリックして心臓のポンプ作用の動画を再生する

心臓によって、酸素化された血液が左心室から送り出され、大動脈に入って体循環が開始されます。 血液は、酸素および栄養素を全身の細胞に供給した後、脱酸素化されて右心房に戻ります。 脱酸素化された血液は右心房から右心室へ噴き出されます。 心臓は、その後、右心室から血液を肺動脈に送り出し、肺循環が開始されます。 血液は肺に移動して、二酸化炭素を酸素に交換し、そして左心房に戻ります。 酸素化された血液は、左心房から左心室下に噴き出され、体循環が再び開始されます。

3. 循環系は呼吸器系と連携して働く

クリックして肺における血流でのガス交換の動画を再生する

循環器系および呼吸器系は連携して働き、身体に酸素を供給し、二酸化炭素を除去します。 肺循環は、以下のように外呼吸の過程を促進します: 脱酸素化された血流が肺に入ります。 それは、微小な空気袋(肺胞)から酸素を吸収し、二酸化炭素を放出し、その二酸化炭素は呼気として吐き出されます。 体循環は、内呼吸を促進します: 酸素化された血液は、身体の残りの部分を通って毛細血管に流れます。 血液は酸素を細胞内に拡散させ、二酸化炭素を吸収します。

4. 肺循環は心臓と肺との間でのみ血液を運搬する

心房を通る酸素化および脱酸素化された血液の循環

肺循環では、脱酸素化された血液が右心房を出て肺動脈幹を通ります。 肺動脈幹は、左・右の肺動脈に分かれます。 これらの動脈は、脱酸素化された血液を肺の細動脈および毛細血管床に輸送します。 そこでは、二酸化炭素が放出され、酸素が吸収されます。 酸素化された血液は、その後、毛細血管床から細静脈を通って肺静脈に入ります。 そして肺静脈は、酸素化された血液を左心房に輸送します。 肺動脈は、脱酸素化された血液を運ぶ唯一の動脈で、肺静脈は、酸素化された血液を運ぶ唯一の静脈です。

5. 体循環は全身に行き渡る

クリックして体循環の動画を再生する

体循環では、酸素化された血液が、左心室から送り出され、身体の最大の動脈である大動脈を通ります。 血液は大動脈から体循環の動脈を通って移動し、それから、細動脈および身体の組織に供給する毛細血管床に行きます。 そこで、酸素および栄養素が放出され、二酸化炭素およびその他の廃棄物が吸収されます。 脱酸素化された血液は、次に、毛細血管床から移動して、細静脈を通り、体循環の静脈に入ります。 体循環の静脈は、身体で最大の静脈である上大静脈・下大静脈に流れ込みます。 大静脈は、脱酸素化された血液を右心房へ流します。

外部リソース

膵臓についての説明、グレイの『人体の解剖学』(1918版)から。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。