病原体を除去し、破壊します: リンパ系は、どのように身体を保護するのか

© 2019 Visible Body

脾臓

脾臓は最も大きなリンパ器官で、リンパ球集団が増加する部位です。

iTunesGoogle Play

リンパ系の概要を見る

リンパ系は、循環器系をサポートする器官および拡散組織と同様に、血管、管、およびリンパ節のネットワークを含みます。 こうした構造は、血流から有害物質をろ過するのに役立ちます。 脾臓、胸腺、および扁桃腺などのリンパ系の器官には、有害な病原菌を破壊する特異細胞があります。

1. リンパ系は、2つの主要な部分から構成されています: 血管ネットワークおよび節と期間

リンパ系の構造物には、胸腺、リンパ節、血管および脾臓が挙げられます。

リンパ管およびリンパ本幹は、リンパ系の複雑な交通ネットワークを形成しています。 こうした管によって、リンパと呼ばれる液体が、身体組織と毛細血管床から離れ、リンパ節とリンパ器官によりろ過され、その後血流に戻ります。 リンパ節とリンパ器官は、リンパ系の主要な機能上の部位を備えています。 胸腺と脾臓を含むンパ器官、およびび拡散組織は、骨髄によって産生されるリンパ球、およびその他の防御細胞を含んでいます。 リンパ節は、血管ネットワークに沿って散在し、リンパをろ過します。 リンパ節リンパ球は、病原体を除去するために、リンパ管に入ることができます。

2. リンパ器官が血流と身体組織から不必要な物質をろ過します

クリックして、リンパのろ過に関する動画を見る

リンパは、身体組織の細胞を取り巻く間質液から派生します。 毛細管が物質を組織細胞と交換し、液体が毛細管を離れると、間質液が血流から流れてきます。 多くの液体は、直接、毛細管に再び入ります。 残りは、リンパとして毛細リンパ管とリンパ管へ移動します。 リンパは無色透明で、白血球を含んでいます。 間質液が、リンパ組織とリンパ節の方向に流れるにつれ、白血球が病原菌を破壊し、不必要な物質を除去することができます。 ここで、リンパ球と呼ばれる白血球が集結します。 リンパ球は細菌と他の病原体と戦い、リンパが血流に戻って行きます。

3. リンパ節中の病原菌が破壊されます

リンパ節は、不必要な物質をリンパからろ過するのを助けます。

物質は、間質液を介して、血流と身体の細胞との間で交換されます。 この液の一部が、リンパとしてリンパ管ネットワークに入り、リンパ節に向かって移動します。 リンパ節は、リンパから不必要な物質をろ過するのを補助する豆形の構造物です。 こうした節は、病原体と戦うためにリンパ系で増殖する種類の白血球であるリンパ球を高濃度に含んでいます。 リンパ節群は、胴体部分で頭部および四肢が交わる腋窩(脇の下)、鼡径部、頚部、および腸の領域にあります。 感染を起こすと、これらの場所で、炎症を起こしたリンパ節を感知することがあります。

4. リンパは、血流に戻る前に全身を巡ります。

リンパ管ネットワークは、胴体と腕全体にわたっています。 主要構造物には、胸管、右リンパ本幹、およびリンパ管が含まれます。

リンパは、毛細血管と身体組織が、流体およびその他の物質を交換する場所で形成される間質液から生じます。 リンパは、毛細リンパ管へ流入します。 毛細リンパ管によって、リンパ節とリンパ器官に向けて液体を運ぶ、より大きいリンパ管に液体が流されます。 リンパ節と器官は、リンパをろ過して、有害物質を除去します。 その後、ろ過されたリンパは、鎖骨下静脈と内頚静脈との間の接合部に位置する胸管と右リンパ本幹である主要リンパ本管の方向へ移動します。 こうした管は、ろ過されたリンパを静脈に注ぎ、血流に再び合流します

外部リソース

全米癌研究所のウェブサイトで、リンパ系についてのモジュールを見る

リンパ系に関する説明 グレイの人体の解剖学(1918版)から。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。