口腔の構造は、消化の最初のステップに貢献します: 経口摂取

© 2019 Visible Body

口は歯、舌、硬口蓋、軟口蓋から成り立っています。

iTunesGoogle Play

歯、舌、硬口蓋および軟口蓋を示す口腔の投影図

口腔は、歯、舌、硬口蓋、および軟口蓋に囲まれています。 こうした構造によって、口腔が作られ、消化の最初のステップで重要な役割を果たします: 経口摂取。 これは、歯と舌が唾液腺と共に働いて食物を飲み込めるように小さな塊に分解し、消化管を移動する前段階の準備をするところです.

1. 歯が摂取した食物を分解して、機械的消化が開始されます

クリックして、噛み砕く様子の動画描写を再生する

顎の動作によって、歯が食物を細かく砕いて小さな断片にすることができます。 下顎骨または顎骨は、頭部の中で唯一動く骨で、側頭骨が下顎骨と結合する点によって頭部で可動な関節が2つ作られています。 噛み砕くことを正式名称で言うと、咀嚼(そしゃく)と言います。 これが、機械的消化の最初のステップです。

2. 唾液によって食物を湿らせてから、化学的消化のプロセスが開始されます

口腔の唾液腺は消化を補助します

唾液腺により分泌される唾液は、消化の機械的および化学的過程を補助します。 唾液の約99%は水で、食べ物を湿らせるばかりではなく口腔を清浄し、食物化合物を溶解して味わうことができるようになり、でんぷん質を含む食べ物を化学的に分解し始める酵素を含んでいます。 唾液腺は3対で、 耳下腺、舌下腺および顎下腺があります。

3. 舌は、咽頭および食道を通れるように食塊を作ります

蠕動運動の動画描写を開くにはクリックしてください

舌を巧みに操り、噛み砕いた食物を食塊と呼ばれる小さな塊にして、それから中咽頭へと移動させます。 次のステップは、すべて不随意的に行われます。 食塊は、咽頭を通り、喉頭蓋が気管を閉じると食道へと導かれます。そして蠕動波によって食塊は胃へと移動します。

外部リソース

口腔の説明 グレイの『人体の解剖学』(1918版)から。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。