軸骨格の軸に沿って: 軸骨格を形成する骨

© 2019 Visible Body

尾骨

尾骶骨、または尾骨は、4 つの椎骨が融合して形成されます。

iTunesGoogle Play

軸骨格の概説: 頭蓋骨、椎骨、喉頭、および  胸部

ヒトの骨格の骨は、2つのグループに分けられます。 付属肢骨格 は、上肢と下肢、および肩 と骨盤帯を形成する骨がすべて含まれます。 軸骨格は、身体の長軸に沿う骨をすべて含みます。 骨格を形成するこうした構造と骨について知るためにこの軸を動かしてみてください。

軸骨格 は、頭蓋骨、咽頭骨格、脊柱および胸郭を形成する骨を含みます。 付属肢骨格 (肢と肢帯)の骨は軸骨格に付属しています。

1. 頭蓋骨は、脳を保護し、身体への通路を形成します。

頭蓋骨および顔面骨格

頭蓋は、頭蓋骨および顔面骨格から構成されます。 頭蓋骨は、頭蓋の頂上と後部を構成し、脳を包み込んでいます。 顔面骨格は、その名前が示すように、頭蓋の顔部分を作っています。

顔の骨: 涙骨、頬骨、上顎骨、および下顎骨 顔面頭蓋

顔面骨格の14個の骨は、呼吸および消化管の入口を形成します。 顔面骨格は、下顎骨、上顎骨(右、左)、頬骨(右、左)および鼻腔の形を作る以下に挙げる骨、 涙骨(右、左)、鼻骨(右、左)、鋤骨、口蓋骨(右、左)、および鼻甲介(右、左)によって形成されています。

頭蓋の骨 頭蓋骨

8個の頭蓋骨が脳を支え保護しています: 8個の骨とは、後頭骨、頭頂骨(右、左)、側頭骨(右、左)、前頭骨、蝶形骨および篩骨です。

頭蓋の縫合頭蓋縫合線

胎児および新生児では、頭蓋骨は、泉門と呼ばれる線維性膜の領域を含む柔らかい線維性縫合線によって結合しています。 こうした領域があることで、頭蓋は成長する脳を収容することができます。 大泉門は2年まで存在する一方、蝶形骨、後側頭泉門、および小泉門は、2か月で閉じます。 泉門が閉じると、縫合線が発達します。 頭蓋縫合線は、不動関節で、そこで頭蓋骨が緻密な線維性組織と結合しています。

次に挙げる4つの主な頭蓋縫合線があります:

  • ラムダ縫合(後頭骨と頭頂骨との間)
  • 冠状縫合(前頭骨と頭頂骨との間)
  • 矢状縫合(2個の頭頂骨との間)
  • 鱗状縫合(側頭骨と頭頂骨との間)

2. 舌骨、咽頭骨格および内耳の骨は、一般に頭蓋骨と一緒に分類されます

内耳骨、キヌタ骨、ツチ骨、およびアブミ骨内耳の骨

側頭骨の岩様部内部には、身体で最小の3つの骨、 ツチ骨、キヌタ骨およびアブミ骨があります。 こうした3つの骨は、互いに関節接合し、振動を鼓膜から内耳に伝達します。

舌骨と喉頭 咽頭骨格

喉頭または発声器としても知られている 咽頭骨格は、9個の軟骨から作られています。 咽頭骨格は、気管および舌根の間に位置しています。 舌骨は、アンカー・ポイントを提供します。 咽頭骨格の動きによって声門が開閉し、空気が強制的に通り、音を生成する際に、声帯の緊張度合いを調節しています。

3. 脊柱の骨: 椎骨、仙骨および尾骨

脊柱の椎骨、仙骨、および尾骨

仙骨尾骨に加えて、脊柱は、一連の24本の椎骨によって形成される自由に曲げられる柱です。 一般に背骨と呼ばれる脊柱 は、頭蓋の底から骨盤まで伸びています。 脊髄は、頭蓋の大後頭孔から脊柱内の脊柱管を通り抜けています。 脊柱は、次の3つの部分に分けられます: 頚椎(c1〜c7)、胸椎 (T1〜T12)、腰椎(L1〜L5)および仙椎(仙骨と尾骨)。

4. 胸郭の骨は内臓器官を保護します

胸郭にある胸骨柄、真肋と仮肋、胸骨および剣状突起

胸郭(肋骨と胸骨によって形成される)は、内部臓器を保護し、呼吸と上肢運動に関係する筋肉の付着部分を提供します。 胸骨は、胸骨柄、胸骨体および剣状突起から構成されています。 第1〜第7肋骨は、胸骨を直接関節接合するので、真肋骨と呼ばれ、第8〜第12肋骨は、仮肋として知られています。

外部リソース

古代の顎はヒト属の起源を知る手がかりになる可能性があります。Science Newsから。

ヒューマン・アナトミー・アトラスは、人体がどのように見えて機能するかの理解と伝達を助けるために、何千ものモデルを提供しています。

28章、骨格の発達、 Principles of Developmental Genetics(発達遺伝学の原理)から。
Moody, Sally A., ed. Principles of Developmental Genetics(発達遺伝学の原理)。 Waltham: Elsevier Inc., 2015. Print.