消化のAnatomy & Physiology: 身体がどのように栄養素を吸収するのかを説明する10の事実。

© 2019 Visible Body

小腸

小腸は化学的消化と水分吸収に重要な役割を果たします。

iTunesGoogle Play

下部消化器系の構造

消化器系は、体内の処理工場のようなものです。 消化器系は、食べ物を取り込み、処理が行われる臓器および構造に送り出します。 必要なエネルギー源や栄養素が抽出され、消化器系は残りを廃棄します。

消化器系に関する10の重要な事実を読む。

1. 消化によって、食べ物が分解され身体にエネルギーがもたらされます

消化器系の概要

消化器系には、消化管および消化の副器官を形成する構造体が含まれます。 消化によって、食べ物と液体中の大きな配合物が分解されて、血流に吸収可能な、より小さな分子になります。 吸収された栄養素には、炭水化物、タンパク質、脂肪、ミネラル類、およびビタミン類が含まれます。 それらは、処理された後、全身に運ばれ、エネルギー、成長、および細胞修復のために使われます。

2. 消化は、6つの段階からなります

身体での経口摂取、消化、吸収、および排泄

消化器系の6つの大きな活動には、食べ物の経口摂取、推進力、機械的分解、化学的消化、吸収、および排泄が挙げられます。 最初に、食べ物が経口摂取され、噛み砕かれて飲み込まれます。 次に、筋肉収縮により食物が消化管を移動し、微小な粒子に物理的に砕かれます。 消化液は、食べ物から栄養素を化学的に分解し、十分吸収できるようになるまで分子を小さくします。 最後に、消化できない物質を老廃物として排泄します。

3. 食べ物を摂取し、身体を通って送り出すための消化管の構造

消化管の構造

消化管は、口腔、咽頭、食道、胃および腸からなる単一の連続した管です。 それはまた、digestive tract(消化管)または胃腸(GI)管とも呼ばれ、消化の物理的経路を形成します。 食べ物は、口に入ると食道に押し下げられ、胃に入って腸を通過します。 こうした構造によって、食べ物は吸収するために十分な大きさの分子となるまで徐々に分解され、残り物は廃棄物として排出されます.

4. 胃壁の複数の層は、食物を撹拌するのに役立ち、また、拡張および収縮します

胃の4つの平滑筋層

胃は、次の4つの部分に分けられます: 噴門、胃底、胃体および幽門。 胃には、3つの筋肉層があります。 消化管全体に、縦方向の層および輪層が存在し、蠕動収縮によって食べ物を移動させます。 3番目は、斜走筋という胃の層で食べ物を撹拌し分解します。 胃の3つの層がすべて動作すると、2つの開口部(括約筋)が閉じ、食べ物を胃に留め置きます。 胃壁にはヒダがあり、複数のひだがあることで、食べ物が入ると胃は拡張することが可能です.

5. 消化において、自律神経系は重要な役割を果たします

蠕動運動の動画描写を開くにはクリックしてください

自律神経系は、消化管壁内の筋層の蠕動運動、すなわち収縮および弛緩を制御します。 蠕動運動は消化の重要な機能です。 それは文字通りボールを転がすことを意味します。 このような不随意な収縮によって、飲み込まれた食物は食道に押し出させれ、胃を撹拌して小腸と大腸を通して糜粥を推し進めます。

6. 咽頭は、複数の働きをします

咽頭の構造: 鼻咽頭、中咽頭および咽喉頭

咽頭または喉は、二重の役割を果たします。 一般に、空気が呼吸器系に入る通路となり、食べ物や液体が消化器系に入る通路ともなります。 食べ物が噛み砕かれて塊となって飲み込まれると、食べ物は口から中咽頭に移動し、その後、咽喉頭に移動します。 咽喉頭は、上気道と下部消化管に分かれる交差点です。 咽喉頭の後部は、食道と交わり、消化管へと続きます。

7. 小腸には以下の3つの領域があります

小腸には、十二指腸、空腸および回腸の3つの区分があります。

小腸には3つの領域があります: 十二指腸、空腸、および回腸。 十二指腸は、小腸の一番上の部分で、長さは10〜15インチ(25〜38cm)しかありません。 消化中、胃から糜粥(びじゅく)(消化粥)を受け、肝臓と膵臓から胆汁、酵素およびその他の消化液を受け取ります。 空腸は、小腸の中間部にあります(長さ約2.5 m、幅4 cm)。 回腸は、3つの部分の中で一番長い区分です(長さ約3.5 m)。 小腸全体にわたって、内壁は、絨毛と呼ばれる指状の突起で内部を覆われています。 絨毛は、消化液で分解されたほとんどの栄養素を吸収します。

8. 十二指腸は、消化液の重要な貯蔵所です

十二指腸の内容物

膵臓、胆嚢および肝臓からの管によって、膵液、胆汁、およびその他の消化液が十二指腸に流れ込みます。 十二指腸は、小腸の一番上の部分で、胃から糜粥(びじゅく)を受け取ります。 ここで、ほとんどの化学的消化が起こり、生命維持に必要な栄養素である、ビタミン類およびミネラル類の吸収が開始されます。

9. 大腸には8つの領域があります

大腸の主な区分

大腸の領域には、虫垂、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸、および肛門管があります。 大腸は、小腸を糜粥(びじゅく)が通った後に残った水分、電解質およびビタミン類を吸収します。 そして、圧縮され、排便のために一時的に排泄物は貯蔵されます。

10. 消化液は、食べ物を化学的に分解します

消化器系によってさまざまな液が分泌されます

食べ物は、消化管を移動するにつれ、消化器系の臓器から分泌されたさまざまな消化液によって化学的に分解されます。 唾液腺は、口腔内で化学的消化を開始する唾液を分泌します。 胃内部の腺から産生された胃液は、食べ物を消化して糜粥(びじゅく)にします。 胆汁は、脂肪を乳化する胆汁塩を含んでいます。 膵液には、小腸で消化を助ける酵素およびイオン、胃酸を中和する緩衝液が含まれています。 腸壁内にある腺は、腸内酵素を分泌し、さらに糜粥(びじゅく)を分解します。

外部リソース

消化器官に関する説明 、グレイの『人体の解剖学』(1918版)から。

口から小腸に至る消化に関するストップモーション・ビデオを見る。サイエンティフィック・アメリカンの TEDxManhattanフェローによる.

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。