疾患に反応して対応する: 免疫系は、どのように身体を保護するのか

© 2022 Visible Body

免疫系

免疫系は感染と病気に対する体の防御系です。

Download on the App Store Get it on Google Play 3D解剖学をもっと手に入れる

リンパ球は、人体の中で病原体に対して防御します

免疫は、感染と疾患に対する身体の防御システムです。 白血球が、重要な役割を果たします。 一部は、身体に侵入するいかなる有害な微生物に対しても迅速に攻撃します。 他の白血球は、特定の病原体と戦うのに適応した専門家となります。 それらの全てが、身体を可能な限り健康に保つように機能します。

1. 白血球は、身体を疾患から防御します

血流中の異なった種類の白血球

白血球は、ロイコサイトとも呼ばれ、疾患に対して身体を防御します。 白血球は、通常、循環する血液量のわずか1%を占めるにすぎませんが、感染または炎症時には増加します。 好中球は、最も一般的な種類で、白血球全体の60%〜70%を占めます。 好中球は、侵入する病原体を貪食する食細胞です。 白血球の中で2番目に一般的な種類であるリンパ球は、リンパ系の器官と組織に広がっています。 リンパ球は、免疫反応の一部として特異的な病原体を標的とします。 他の白血球には、好酸球、好塩基球、および単球があります。

© 2022 Visible Body

白血球

白血球は病気に対して体を防御し、感染または炎症中に数を増やします。

Download on the App Store Get it on Google Play 3D解剖学をもっと手に入れる

2. 食細胞は病原体を貪食します

病原菌を貪食している食細胞の動画

食細胞は、好中球などの白血球の一団です。 これらの細胞は、身体を感染から守るために細菌およびその他の病原体を貪食します。 病原体または損傷した組織からの化学物質が食細胞を引きつけると、プロセスが始まります。 食細胞は、病原菌と結合して取り込み、そしてそれを貪食します。 食細胞中の酵素が、病原体を殺して消化します。 この作用は、ファゴサイトーシスと呼ばれます。

3. リンパ球は、2番目に一般的な種類の白血球です

さまざまな種類のリンパ球に関する詳細

リンパ球は、リンパ系で増える赤色骨髄の中で産生される白血球の一つです。 それらは、リンパ系および循環器系をくまなく移動することができます。 リンパ球は、いくつかの亜型を含みます: B細胞は、抗体を産生します。 T細胞は、ウイルス感染細胞または真菌感染細胞、癌細胞および移植細胞を標的とします。 ナチュラル・キラー(NK)細胞は、外来の微生物を攻撃して破壊します。 これらのリンパ球細胞の全てが、身体の免疫反応に寄与しています。

4. 自然免疫は、侵入する病原体に対して迅速な全般的防御を提供します

外傷に応答する受動免疫系

感染が起こると、免疫応答を加速させるために、発熱により体温が上昇します。 反応は、比較的迅速に起きる場合があります。 血管は、傷害部位周辺で拡張し、その領域に炎症が起こります。 血管が拡張することで、より多くの白血球が血流を離れて、感染した組織に入ることが可能になります。 その後、食細胞が侵入してきた病原菌を貪食します。 感染に対する身体によるこの迅速な応答は、自然免疫の一例です

5. 獲得免疫は病原体に対する複雑で標的を絞った応答です

抗体と細胞を介する免疫は、身体が病原体と戦うために使用する獲得手段です

活性化されたB細胞が増殖して多数のクローンを生産し、そのほとんどが形質細胞になります。 形質細胞は、外来の病原菌の抗原を認識する抗体を産生します。 抗体は、侵入者を認識する標識として作用します。 これは、抗体媒介性応答と呼ばれています。 食細胞によって提示される抗原によって活性化されたT細胞が増殖し、感染した細胞を捜し出して破壊します。 これは細胞媒介性応答と呼ばれます。 次に病原体が再来した場合、迅速に応答できるように、B細胞クローンおよびT細胞クローンがリンパ器官に定着するために修飾されます。 このように、適応免疫系 は、関与した病原体を「記憶」します。 B細胞とT細胞を修飾する特定の病原体に対して応答する全過程を適応免疫と呼びます。

外部リソース

研究: 免疫系の過剰反応を防止するタンパク質を、研究者が破壊すると、身体の免疫系の応答が強化されました。 サイエンス・デイリーから。

免疫系の強化について知る ハーバードヘルス出版とハーバード大学医学大学院から