筋肉系の病理: 頻度の高い障害と病状

筋肉の病理

筋肉によって私たちは動くことができますが、時に体の移動に由来する消耗が筋肉系の障害につながります。 以下は最も頻繁に起こる筋肉病理の一部です。

1. 腱の炎症が手根管症候群を起こす

腱の炎症が手根管症候群を起こす

手根管は正中神経と屈筋腱が狭い開口部を通過する手首の通路です。 手根管症候群はまた正中神経圧迫症とも呼ばれ、腱が炎症を起こして正中神経を圧迫する時に起こります。 症状には疼痛、痺れが含まれ最終的に手の力が弱くなります。 手根管症候群は、遺伝的素因、反復運動、糖尿病、または甲状腺障害を含む多様な理由で起こる可能性があります。

2. 滑液包炎は炎症を起こした滑液包を言う

滑液包炎は炎症を起こした滑液包を言う

滑液包は液体を充填した袋で、関節の近くの骨、腱、筋肉の衝撃を保護します。 滑液包炎は滑液包が赤く、炎症を起こして、疼痛を引き起こす時に起こります。 この状態はしばしば、肩、肘、腰、膝などの、頻繁に反復運動を起こす関節の近くで起こります。

© 2019 Visible Body

膝蓋骨

膝蓋骨は、平坦で、三角形の骨で、膝の正面を保護します。

iTunesGoogle Play

3. 肩関節腱板断裂は肩の周囲の筋肉と腱を冒す

肩関節腱板断裂

肩関節腱板は肩関節を取り囲む筋肉と腱のグループです。 これらの筋肉が、腕を定位置に保持するだけでなく、多様な方向に動かすのに役立つ「腱板」を構成して肩ソケット内に上腕のトップを保持します。 反復性の過剰な動きによる漸進的な変性、または突然の外傷性事象が肩関節腱板の筋肉または腱の一つを断裂する可能性があります。 この損傷の症状には、痛み、肩の可動域の減少、そして筋力低下などがあります。

4. 反復性前腕緊張が外側上顆炎を引き起こす

反復性前腕緊張が外側上顆炎を引き起こす

外側上顆炎は外側上に結合する前腕の筋肉または肘の外側を冒します。 この病状はまた「テニス肘」と呼ばれます。これらの筋肉の反復性緊張がテニスを多く行う、または他のラケットを使うスポーツを行う患者に頻繁に見られるからです。 これらの筋肉の過剰使用が損傷を起こす可能性があります。 その結果、微細な断裂が腱に発生して、炎症と疼痛を引き起こします。 痛みや圧痛は、肘の外側に感じられます。

外部リソース

手根管症候群診断用のガイドラインに関する Science Daily の記事。

The University of Chicago School of Medicine Health Library の筋骨格リハビリテーションに関する記事。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。