骨格系の病理: 頻度の高い障害と病状

© 2019 Visible Body

靭帯

靭帯は、ぴんと張った、線維性の帯で、骨と骨を結合し、関節の移動を促進させます。

iTunesGoogle Play

Skeletal-Pathologies.jpg

骨、靭帯、軟骨を含む骨格系が体の構造を作ります。 以下に説明する病理変化が、ストレスと加齢が骨格系を冒すと起こる可能性があります。

1. 坐骨神経痛は椎間板ヘルニアから起こる可能性がある

坐骨神経痛は椎間板ヘルニアから起こる可能性がある

腰椎は体重と体のストレスに耐えます。 その結果、椎間板ヘルニアが起こり、それが脊髄神経を冒します。 背中の下部から開始して足の裏側を下る坐骨神経が、しばしば冒されます。 椎間板ヘルニアのが起こると、それが神経を挟みます。 これが坐骨神経痛の高頻度の原因です。 坐骨神経痛は通常体の片方を冒し、軽度から重度の疼痛、筋肉弱化、または痺れは、その神経の経路にそったどこでも感じられます。

2. 時間をかけて変性する軟骨が頸部脊椎症に繋がる可能性

時間をかけて変性する軟骨が頸部脊椎症につながる可能性

加齢に伴い、背中と頸の部位を構成している骨と軟骨が消耗します。 頸部脊椎症は、頚部分の椎骨関節に発生する変形性関節症です。 椎間板の軟骨と接合部に面している椎骨体を覆っている軟骨が時間と共に変性する可能性があります。 この圧力が圧迫を起こして椎間板の外側への膨らみにつながります。 脊椎を安定化させるために、しばしば骨増殖体と呼ばれる骨棘が脊椎から成長します。 こうした変化が痛みやこわばりをもたらします。

3. 足底筋膜炎が反復性の足の緊張から起こる可能性

足底筋膜炎が反復性の足の緊張から起こる可能性

足底筋膜は足の底部にそって走る結合組織の厚い帯で、かかとの骨と足の指をつないでいます。 ランニングやダンスなどの活動は、硬い表面の上で繰り返し足を連打するか、足底筋膜上に過剰な緊張を負荷します。 この反復性の緊張が靭帯の微細な断裂を起こして、足底筋膜炎と呼ばれる刺激、炎症、疼痛につながります。

4. 消耗と加齢が腰の骨関節炎を起こす可能性

加齢と使用により、股関節の関節軟骨は変性します。 組織はすり減って粗くなり、下にある骨表面を暴露して、運動が有痛性になります。 この症状は骨関節症と診断され、変形性関節炎または変形性関節疾患とも呼ばれています。 関節軟骨の変性および骨関節炎のもっとも多い原因は、磨耗と加齢によるものです。 股関節への以前の傷害、骨変形、または反復性の身体活動からのストレスもまたこの病状を引き起こすかその可能性を増加させます。 その他の関連リスク要素には肥満、骨関節炎の家族歴が含まれます。 症状には、凝り、疼痛、圧痛が含まれます。 骨棘もまた関節周囲に形成されて、さらに痛みを引き起こします。

5. 鋭い膝の動きが ACL の断裂につながる可能性

鋭い膝の動きが ACL の断裂につながる可能性

膝関節は骨、筋肉、靭帯を含みます。それらが正常な動きの範囲中に屈曲、回転、旋回します。 膝の捻挫はジャンプしたり、または関節を鋭く旋回させたり、または過剰に伸長させる時に起こります。 力が、大腿骨(腿の骨)の端を脛骨(すねの骨)のトップに接続させている前十字靭帯などの、一つ以上の膝靭帯の損傷、断裂を起こします。 ACL の損傷はスポーツ活動中に頻繁に起こります。

外部リソース

足底筋膜炎の予防に関する Science Daily の記事。

Des Moines University Online Medical Terminology Course からの筋骨格系疾患のリスト。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。