ニューロンの記事: 生きた導線細胞の内側

© 2019 Visible Body

ニューロン

神経は、電気信号として感覚情報と運動指令を中継することによって、脳と体の伝達を可能にします。

iTunesGoogle Play

神経系で最も複雑な作用は、ニューロンを通して伝達されるメッセージによって異なります。 こうした支持細胞、神経膠と共に、ニューロンはすべての神経系組織を構成します。 電気的シグナルとして伝導し、素早くメッセージを受けて伝達します。 ニューロンは、神経伝達物質を放出します。この化学物質が、次のニューロンまたは体細胞にメッセージを飛ばします。 脊髄にある特殊なニューロンは、脳へ出入りするメッセージの伝達速度を加速する神経路を形成します。 これらの"生きた導線"細胞について詳細を読む。

1. ニューロンと神経膠: 神経系を構成する細胞

ニューロンとある種の神経膠を示す図

神経系、脳、脊髄、末梢神経および神経節の構造体は、神経組織から作られます。 細胞レベルでみると、この組織は、ニューロンと神経膠から構成されています。 ニューロンは、メッセージの運び屋です。 ニューロンは、感覚シグナルと運動指令を伝達します。 神経膠は、神経組織を支配し取り囲むニューロンと他の構造をサポートします。 星状細胞は、脳で最も一般的な神経膠で、毛細管を囲み血流とニューロンの間に障壁を維持し、その障壁を通り抜ける物質を能動的に制御します。 小膠細胞、上衣細胞と希突起膠細胞を含む他の神経膠は、ニューロン・ホメオスタシスの維持、病原体の除去、脳脊髄液の循環並びにニューロンの保護の役割を果たし、それに関連するシグナリング速度に影響を及ぼします。

2. 迅速な指揮者: ニューロンの形状と構造は、神経系シグナルの急速な伝播を促進するのに役立ちます

ニューロンの構造図

典型的なニューロンは、樹状突起と呼ばれる多くの枝がある細胞体から構成されます。 樹状突起が受け取るシグナルが細胞体の電荷に影響を及ぼし、活動電位が決定されます。 細胞体が十分に脱分極すると、軸索丘領域は尾状の軸索を下行する活動電位を惹起します。 大部分の軸索は短いですが、人によっては約90センチ(3フィート)の長さになることがあります。 ミエリン鞘は軸索を保護し、伝導率またはシグナルの速度を上昇させます。 電気シグナルは、軸索終末まで勢いよく進みます。 次に、ターミナルの分枝が神経伝達物質を放出し、その標的(他のニューロン、腺、器官)に対して興奮性または抑制性の影響を及ぼします。

3. 脊髄のニューロンは、神経路を形成します

脊髄の神経路の図

脊髄の長い円柱は、大部分が脳への入出力シグナルを伝達するために、上下に伸びる軸索の束から構成されます。 脊髄の横断面をみると、軸索経路は、ニューロン細胞体の"灰白質"を囲む"白質"(ミエリン鞘のため軸索が白く見えます)として見えます。 白質は、脊髄の両側で3つの柱(索)、 後柱(背面)、前柱(腹部)および側柱を形成します。 異なった神経路が、こうした3つの柱を通過します。 それぞれの経路は軸索からなり、同方向に類似のタイプのシグナルを運びます。 上行路は、感覚入力を上行性に脳へと伝達します。 下行路は、運動指令を下行性に身体へと送信します。

4. 化学シグナル: ニューロンは、神経伝達物質を通して情報を伝達します

シナプス間の神経伝達物質の移動についての概要

電気的シグナルがニューロンの軸索終末に到達すると、神経伝達物質と呼ばれる特別な化学物質の放出が刺激されます。 神経伝達物質はシナプスを横切って他のニューロンまたは標的細胞に到達し、シグナルと応答を刺激または抑制します。 アセチルコリン、エピネフリンとノルエピネフリンおよびセロトニンは、最も一般的な神経伝達物質の一つです。 一部の神経伝達物質は、神経系の特定の部分により顕著に存在します。それというのも、そうした特定の部分は、脳内で、あるいはニューロンと筋肉組織または他のタイプの組織との間でメッセージを運ぶことに特化しているからです。 こうした化学物質は、身体の動きと身体の内部機能を調節する神経系の鍵になります。

外部リソース

神経伝達物質とアルコール依存症の因果関係についての研究に関するサイエンス・デイリーの記事。

Visible Bodyの解剖学的構造と生理学はガイド付きの視覚的に優れたプレゼンテーションで、各構体系の詳細情報を提供します。

Science Creative Quarterlyに記載された小膠細胞に関するエッセイ。